読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留学先の選び方~語学留学編~

Howdy.

留学先を決めましょう。
ここでは、私の考える英語圏内の留学先の決め方を紹介します。

[AD]

今回はまず、目的が語学の方。

働きながら英語の勉強ができる
ワーキングホリデー、通称ワーホリ。
アメリカではできません。
カナダかオーストラリア、ニュージーランドですね。
残念ながら私は詳しくないので、ご紹介できません。
が、私の知る限りカナダが最もきれいな英語を話す国だというイメージがあります。
(言語の発祥地英国が1番に決まっているだろうと言われればその通りなんですが、おそらく多くの方がカナダの英語が最も発音が流暢で聞き取りやすい、目指したい、と思うだろうという意味でカナダの英語を挙げました。)
別に勧めているわけではありませんけどね。

それから語学学校への留学。
語学学校へ行きたい方は、まずこの記事読んでください。

rice59.hatenablog.com

というわけで、私は語学学校への留学は旅行を兼ねているもの以外をお勧めしていませんので、
旅行を兼ねた語学学校選びの方法を紹介します。

ズバリ観光地。これに尽きます。何もない田舎に行ってゆっくり過ごしたいならそれでも良いでしょう。
でもそんなところに語学学校あるんでしょうかね。

アメリカなら、やはりLA(ロサンゼルス)、NY(ニューヨーク)、Florida(フロリダ)あたりになるんでしょうか。
自分の行きたい観光地に行くべきでしょう。なんてったて旅行ですからね。
国も関係なく行きたいところ、やりたいこと、から選ぶのが良いんじゃないでしょうか。
ウィンタースポーツがしたければ寒冷地域へ、マリンスポーツがしたければ海のきれいな所へ。
私は海外の観光地にあまり興味がないので特におすすめとかはありません。
そもそもほとんど行ったことがないので。

アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ。語学学校の料金はそれほど違いがあると感じません。
できるだけ安く済ませたいなら、フィリピンやニュージーランドなどの新興国を選択することになるかと。
ある程度長い期間留学するのであれば1~3ヶ月おきくらいで観光地を転々とするのが良いでしょう。
旅行ですから飽きない程度の期間で場所を変えるのが良いのではないでしょうか。
飛行機の予定も留学前に全て行程を決めてしまわずに、後から変更できるようにすれば
気に入った場所に長く滞在したりもできますし。
同国内で移動するのであれば、バスや鉄道を利用する選択肢もあります。(安全面では不安が残る)
レンタカーで大陸横断なんてことも不可能ではないでしょう。ただしレンタカーには年齢制限(多くのところで25歳以上のみ、追加料金で21歳以上可)があったり、別途、国際免許(日本国内でのみ取得可能)もしくは現地での自動車免許証が必要になります。
アメリカでは基本的にヒッチハイクは違法ですから、やめておきましょう。トラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

学校は宿題少なめの緩いところが良いんじゃないですかね。だって旅行だし。
午前中に終わっちゃうプログラムとかもありますよね。(その場合ビザのステータスが満たない可能性があるので要注意)
語学学校が近くの観光地に連れてってくれることもあります。語学学校の生徒がまとめて行くため
自分たちで行くより安くなることが多いです。

語学学校の授業料は、そこ学校がどれだけ生徒へのサポートをしっかりしてくれるのか、講師の質は高いのかに関わることが多いです。
といっても結局、学校という組織よりも重要なのは個人。良いスタッフ、先生にあたるかどうかはわかりません。
事前にインターネットなどで口コミを確認したりもできるでしょう。
口コミのないような生徒が少ない、人気のない学校は、学生を扱う術に長けていないこともあるのではないかと思います。
多くの場合、授業料と学校の質は比例します。
というのも、そこに来る生徒の質が変わるからです。
日本以外からくる留学生は基本的に裕福な家庭の方が多いです。
割とカツカツで留学しに来るのは日本人特有な気がしてなりません。(ただの主観ですが)
裕福な人が多い留学生の中でも、やはりランクはあります。
授業料の高い所には本当のお金持ちしか来ません。
こういう言い方をするのは気が引けますが、しかし事実として、授業料の高い学校の生徒の方が
民度が高い。日本人の感覚からすればそれでも、う~ん、と思うことは多々ありますが、
お金にも心にも余裕を持っている生徒が多い方が、学校側も運営しやすいでしょうから質の向上にもつながるでしょう。
語学学校なんて関係なく旅行を楽しみたいのであれば授業料の極力安い所が良いのでしょうが
ある程度高い所の方が、裕福な他国の生徒が色々な場所に連れて行ってくれるかもしれませんよ。(そんなことを期待して行くのはそもそも間違いですが。)

いくら旅行といってもできるだけ良い学校に行きたいでしょうから、
学費を安く済ませるのは必ずしも良い選択とは言えないかもしれません。


語学留学番外編として、大学正規留学前準備の語学学校留学について。
入学する大学付属の語学クラスを履修するのが最も良いですが、日本を離れるタイミングとか
早めに行って慣れておきたいとかもあるでしょう。私がそうでした。
大学の近くの学校を選ぶことをお勧めします。
というか、わざわざ離れたところに行く理由ってなんでしょう。旅行ですかね。


語学留学は行きたい観光地を転々と。
Have a good one.

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

[AD]