読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学留学はやめとけ

留学 英語

Howdy.

私も語学学校への留学は経験があります。
だからこそ、おすすめできない語学留学の話です。

[AD]

語学のレベルを向上させたい!
その為に語学留学をしたい!

それって本当に、留学は必要ですか?
あなたの目標とする語学レベルは海外でないと身に付きませんか?
お金に余裕があるなら止めませんがね。

ネイティヴスピーカーに囲まれて、本場の英語を浴びるように聞く生活を想像しているなら残念。
だって語学学校って先生とスタッフ以外ネイティヴの人いませんよ。
ネイティヴスピーカーの生徒なんていませんから。

じゃあ、現地の人と友達になる?英語ができないのに?英語ができないから留学行くんですよね?
いきなり通じるかもわからない英語で現地の人に話しかけるんですか?
日本から英語を勉強しに来た、友達になろうって?
コミュニケーション能力(今はコミュ力って言うみたいですね、私も若者らしく使いましょう)に自信があって
海外のノリについていける方、おめでとうございます。
なんとかなるんじゃないですかね。

 

私みたいに普通以下のコミュ力の人だと
語学留学中に語学学校と全く関係のない現地の友人と友達になるなんて
よっぽどその人が日本人と日本の文化が好きか共通の趣味でもないと難しいんじゃないですかね。
語学学校の留学生は基本群れますから。
なぜかといえば、みんなその方が居心地が良いからです。
基本的に同じ国の人は集まる傾向にあります。同じ国の人がいて、同じように英語ができない人がいて、ちょっと間違えても、何言ってんだこいつ。なんて言われずに、優しく教えてくれる環境。
居心地が良さそうですね。
それで英語が上達するといいんですけどね。

というわけで、
私がやったのは、教会に行くことです。
(異国の地でいきなり教会に行くのがすでにハードルが高い?留学生アドバイザーや語学学校の先生も大抵キリスト教徒です、相談してみましょう。それくらいはできるでしょう。)

私はキリスト教徒ではありません。
将来、キリスト教徒になることもないでしょう。
でも、熱心なキリスト教徒はキリスト教を布教することも
自らの役目だと信じています。

彼らには異教徒にキリスト教の素晴らしさを伝えるという大義があります。
私には、現地の人と英語で会話したいという大義があります。
これがwin-winなんですね。

熱い議論をしてくれますよ、彼らは。
わからなかったら、それはそれは丁寧に説明してくれます。
まるで子供に説明するように。

彼らの考え、というか聖書に残された神の教えを延々と語ってくれます。
その神の教えに反論なんてしたら10倍返しでは済まないくらい、あらゆる手段で説得しようとしてきます。
矛盾を指摘なんてしたらもう大変。その日は返してくれないかもしれません。(大袈裟)

彼らが信じるのは唯一絶対神。それが否定されたら他にすがるものが無いんですから当然ですよね。
わざわざ否定するのはよして、へぇ~くらいに聞いておきましょう。

ただ、やはり唯一で絶対な存在を信じているからなんでしょうか。
他の宗教への理解が無いというかなんというか。
日本人にキリスト教を布教したいのに仏教神道も知らずにいきなり創造神だなんだのって言われてもねえ。
それがキリスト教が日本で流行らない理由の1つなんじゃないかなとも思います。
相手のことも知らずに、いきなりきてよくわからないものを押し付けようとする。
そこだけ見ればたちの悪いセールスマンみたいです。
別にキリスト教徒が嫌いなわけじゃないです、本当に。彼らの信じるものは尊重します。
ただ、違いを感じることは多くあります。

話がそれました。
要するに、現地の友達(と呼べるかは疑問が残りますが、宗教論争以外はいったって普通の仲でした)をつくるなら
教会に行くのが1番手っ取り早い。と思います。

宗教以外にもアメリカの文化やらなんやらをいろいろと紹介してくれます。
そこからまた新しいつながりもできてくるでしょう。

ただ現地で友人をつくることは語学留学の目的ではないですよね。
語学を習得するのが目的のはずです。

その目指している語学のレベルってどれくらいなんでしょう。
以前の記事

rice59.hatenablog.com

にも書きましたが
英語圏に住んでるだけで英語ができるようになるのは夢物語です。
最低限の生活ができる程度にはなれる。とは思います。特に勉強しなくても。
私の言う最低限の生活とは事件事故に巻き込まれなければ衣食住を自力で確保でき死ぬことはない、程度の生活です。
周りに日本人の多い地域であれば、もう少し高尚な生活ができるでしょうが。

忘れないでほしいのは現地で暮らし、語学学校に通う「だけ」では
仕事で英語が使えるようには到底ならない、ということです。
必ず、それ以外の勉強が必要になります。それも日本にいてもできるような類の勉強が。

だったら語学習得のために留学するのはいかがなものかと思うわけです。
実際、語学学校で英語の勉強をするはめになった私の英語はたいして上達しませんでした。
1番英語力が伸びたと感じたのは大学で正規留学を始めてから、講義についていくのに圧倒的に語彙力が足りないと思い
ひたすら単語、イディオム、フレーズを頭に叩き込んだ後でした。
アメリカにいなくてもできますよね?

だからこそ、語学留学は語学習得の為ではなく、旅行として行くべきだと思うわけです。
留学に行く大義名分は語学の為で良いでしょう。お金もかかりますから遊んでくるとは言いづらいですからね。
旅行感覚で観光地を巡りながら心身ともにリフレッシュして、それとなく英語を使って。
なんとなく、英語ができるような気分になって。

数ヶ月も行けば旅先で困らない(買い物や道を聞く)程度には英語が使えるようになるでしょうから。
決して語学留学をバカにしているわけではありません。
語学留学を通して語学の習得を目指す、という期待値の低い行為のみにお金と時間をかけるのは「もったいない」と心の底から思うだけです。

本気の人ほど、損した、と思いますよきっと。
というわけで、もし語学留学に行くなら語学習得のためではなく旅行を兼ねて気軽に行ってくださいね。

Have a good one!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

[AD]