読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

decideよりも強い決断? make up one's mind

[AD]

 

Howdy.

留学生活において何かを決断することは非常に難しい、
しかし決断しなければ前進も成功もありません。

といわけで今回は「決断」にかかわる英語の表現を紹介します。

決断、決める。と聞いておそらく1番はじめに思いつくのが
decide(ディサイド)ではないでしょうか。

decideは決断の際によく使われる動詞でdecideの名詞形decision(ディシジョン)はもっと使われます。
I decide~をもう少しかっこよく言いたいときは
I make a decision about~と表現できます。

動詞resolve(リゾルブ)にも、決心するという意味がありますが、
(困難な問題を)解決するというニュアンスで使われることが多いこともあり、
主に堅苦しい文章で使われているイメージがあります。

逆に決断がなかなかできない人、いますよね。
優柔不断。英語だといろんな言い方がありますが
わかりやすいのはindecision(インディシジョンン)です。
先ほど紹介した、decisionにinが付いてますね。
英語では頭にinが付くとその後に続く単語の否定の意味になります。(全部じゃないですよ)
in-desicionは決断-しない。なので決められない→優柔不断となります。
indecisionは名詞なので形容詞で使いたいならindecisive(インディサイシブ)です。

優柔不断にあたるスラングでwishy-washyという表現があるみたいですが
少なくとも私はまだ聞いたことがありません。
直接的に優柔不断という意味があるわけではなく、元々は薄い、曖昧なっていう意味があるらしいです。
なので、薄い、曖昧な→自分の意見が無い、はっきりしない→煮え切らない→優柔不断というニュアンスのようです。

では、そんな優柔不断な人が苦渋の思いで決心したときは?
口語なので文章にはあまり使いませんが
make up one's mindで表現します。(oneには決断をする人の名前か代名詞が入ります)

mindは気持ちや意識といったニュアンス
make upには作り出す、考え出す、整える、決着をつけるといった意味が含まれます。
なので、○○の気持ちに決着をつける→悩んだ末に決断する。という表現になります。

例えば、
Don't you decide it yet? Just make up your mind!
→まだ決めてないの?早く決めて!

I can't make up my mind.
→決められない。

などと言えます。この2つの例ではまだ決断できてないようなので
最後に決断できたときのひと言を。
I've made up my mind.
have madeで完了形になっているのは、ようやく決めた、という悩んで考えたという過程を強調するための文法です。
そんなに悩んでないなら、I made up my mind.で良いと思います。

決断の際のご参考になれば幸いです。

Have a good one.

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

[AD]