読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Black Fridayってなんだ?

アメリカ生活 英語

Howdy.
本日、Thanksgivingの翌日はBlack Fridayです。

rice59.hatenablog.com


休みになることも多く(テキサスでは公務員は休み)
水曜の午後~日曜まで連休になる人も多いです。

クリスマスのショッピングシーズンの始まりとも言われている日です。
日本でもこのブラックフライデーを真似しようなんていってる企業があるみたいですが、
どうなんでしょう。
というわけで今回は、Black Fridayについてです。

[AD]

由来
まずなぜBlack Fridayというのか?
元は、サンクスギビングからの流れで仕事休みの人が多く、
街に人があふれかえる様子を見てPhiladelphia(フィラデルフィア)の警官が”Black Friday”と
最悪な金曜日、みたいなニュアンスで言ったことが始まりのようです。
華の金曜日と訳せるTGIF(Thank God, It's Friday)が一般市民からの見方だとすれば
犯罪の増える金曜日は警察官からすればブラックそのものだったのでしょう。

しかし、小売りの商人たちは、この人が街にあふれかえる状況を逆手に取り
このBlack Friday大幅な割引販売をしはじめます。
すると、元々買い物する時間が有り余っていた人達の購買行動とも重なって
大きな黒字を計上する日、となっていきました。
そして、警察官にとっては”最悪な金曜日”が
消費者にとっては安く買える、販売者からすれば沢山売れる、
黒字になる”Black Fridayになったわけですね。

参照:The History of Black Friday

どんな日?
日本だと、新年の福袋争奪戦を思い浮かべてもらうとわかりやすい気がします。
お目当ての福袋のために朝一から並んだりお店が空いた瞬間ダッシュしたり、
何日も前から宣伝広告があちこちで出回り、何を買おうか事前に悩んだり
どこから行こうか作戦を立てたり...

まあ私は福袋など買ったことがないので、勝手なイメージですが。

ブラックフライデーも、実際店頭に行って買い物したことはありません。
しかし、実際言った人の話を聞く限りでは、なかなかカオスな状況のようです。
まあ最近はネットで買うこともできるから多少マシにはなっているんでしょうが。

Black Fridayの悲劇が紹介された動画がありました。

英語字幕付きなので良ければどうぞ。

www.youtube.com

買うことに躊躇はいらない
日本の福袋に似ているとは言いましたが
しかし、日本の福袋とは大きく違うところもあります。

まず、Black Friday前にはお年玉はありません。
というかお年玉という概念がアメリカにありません。
まあこれで好きなもの買ってきなさいと、お小遣いを渡される子供がいないわけではないしょうが、
少なくとも、お年玉で子供の消費行動が増える日本とはちょっと違うと思います。

それから、アメリカは返品に大変寛容です。
不良品なら当然、製品に問題なくても気に入らなければ簡単に返品、交換、返金してもらえます。
まあ、Black Fridayほどのセールだと、セール品は返品お断りというところもあるでしょうが
悩んでるならとりあえず買っちゃえば?気に入らなかったら返品すればいいんだし。
と店員が言うことはあまり珍しくありません。

[AD]

どのくらい安い?
物によってはとんでもなく安いですし、
そんなに安くならないものもあります。
物によるし、タイミングによるとしか言えませんね。

私は実際店頭に行ったことはありませんが、
ネットのBlack Friday Dealsを見ていると
ああ、これは安いな。と思うことがしばしば。

やはり電化製品が中心ですが、それ以外もまあまあ割引されます。
洋服のセールも気前の良いところが多い印象です。

しかし、ネットの場合、時間制限と数量制限が設けられている場合がほとんどで
安いものは時間制限など関係なく、予約が始まったすぐ後には上限いっぱいの予約が入ります。
まあこれは本当に欲しくて予約した人だけでなく転売目的で購入している人もいると思います。
こういうことがあるので、ネットで本当に買い時の商品を手に入れるのは少し難しいと思います。
まあ、自分の欲しいものが、他人の欲しいものと一緒とは限らないので
その場合はチャンスがあるかもしれません。

ネットで買ったから並ばなくていいという、
online(ネット)とno line(並ばなくていい)をかけたジョークを言う人が必ず現れる時期ですね。笑

Black Friday前は、何買うの?
Black Fridayの後は何を買ってどれだけ得をしたかなんて話が飛び交いますが、
まあ私から言わせれば、買ってる時点で収支はマイナス、
何も買わなきゃ損することない。と思ってしまうんですが、
まあひねくれてるんでしょう。
別に物欲はありませんし、Black Fridayだから何か買うのも違う気がしてしまいます。
日常的な消耗品が大安売りしていたら考えますがね。

まあ、好きに買い物したらいいでしょう。
Black Fridayにセールがあることは事実です。

クリスマスまで
Black Fridayはクリスマスの購買シーズンに始まりです。
クリスマスシーズンというのはアメリカで最も購買行動が盛んになるシーズンです。
2005年以降、小売りにとってBlack Fridayが最も忙しい日だというメディアもあるようです。
参照:Black Friday (shopping) - Wikipedia

銃も割引
当然、銃もBlack Fridaのセールに登場します。
私が見つけた最大の割引は50%offの拳銃でした。
そもそも銃のセールの広告が送られてくることや
ネットで普通に銃が買える事実に驚愕です。
しかも安い。
値段の基準などわかりませんが、殺傷能力の割にこの値段か…と思ってしまいます。
興味のある方はご自身でググってみてください。
ちなみにググるは英語でGoogle itです。

関連商品:

というわけでBlack Fridayでした。
Cyber Mondayも紹介する予定です。

rice59.hatenablog.com

Have a good one.

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

[AD]