読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語ができない?留学に必要な英語力

Howdy.

「英語だって言葉なんだ、やれば誰だってできるようになる」でしたっけ?
某予備校のCMでありましたよね。やればできるようになるったって
なにをどれだけやればどれくらいできるようになるんだって話で。

タイトルを留学に必要な英語力としましたが
正直言ってしまえば英語がどれだけできても十分ではない、が結論です。
そんなこと言ったら「英語嫌いでも留学できる」を否定しているように聞こえますが、そんなことはありません。
私個人の意見としては、全く英語ができない人でも留学で成功できるし、母国語並みに英語ができる人でも留学で失敗することもある。と考えています。
できるに越したことはないですが、留学を始める時点で必ずしも必要とも言えないでしょう。
というわけで、まず今の自分の英語力がどれくらいなのか知るところから始めましょう。

[AD]

英語の試験
英語力の基準って色々ありますね。
TOEICやらTOEFLやら英検やら。
留学に必要な英語力なので、スピーキングとライティングのないTOEICは全くふさわしくないと思うんですが
この中でおそらく1番気楽に受験できるのがTOEICですよね。
ちなみに渡米前に600点くらいあるだろうと留学前の肩慣らしのつもりで意気揚々と受験した私の初TOEICはたしか345点とかそれくらいでした。ひどい...
安心してください、こんなんでも留学できるんです。

TOEICの感想は、「やべえ、なに言ってんのかわかんね~」でした。
その時の私は、自称・中学英語レベルの単語、文法、会話は、ほぼ完璧。でした。
どこからそんな自信が湧いてきたのか、そもそもTOEICが何なのかすらよくわかってすらいないのに取り敢えず受けてみるか、と挑み意気消沈。

渡米後1年程経ったときにどんなもんになったかな、と思い公式問題集の模擬試験を解いたところ
820点くらい(TOEICの勉強は一切していません)だった気がします。(本番の配点は示されていないため、1問5点で採点しました。実際はもっと低いと思われます。)
リスニングはほぼ満点だったので、その成長は大きかったと思います。
がしかし、自分で自分に必要な勉強を見つけたことがもっと大きかったと感じます。

TOEICスコアの目安はこちら

TOEICテスト|TOEIC Listening & Reading Testについて|スコアの目安
を参照)

vocabulary
英語力の話に戻りましょう。
分かりやすくするために、私が使う英語レベルの区別を示しておきます。
中学英語→高校受験までの英語
高校英語→センター試験レベルまでの英語
難関大英語→難関大学受験までの英語
TOEFL iBT100点→TOEFL iBTで100点以上を取れるレベル
GRE verbal150点→GREのverbalセクションで150点以上を取れるレベル

日本の英語教育はスピーキングなどが異常に弱い為、留学のための英語力の基準としてふさわしくありませんが
中学英語レベルのスピーキング(中学の英語の教科書に出てくるレベルの会話をできる)などとして補います。

この5段階に分けたのは、語彙力による診断がしやすいからです。
語彙力とはつまり、どれだけ単語知ってるの?ってことです。
もちろん、単語を知っているだけでは留学するための英語力があるとは言えませんが。
知らなければ使えもしないことは間違いありません。
留学するための英語力のポテンシャルを判断するために語彙力を診ます。

私の印象としては、
中学英語→1,000~2,000語
高校英語→3,000~5,000語
難関大英語→6,000~8,000語
TOEFL iBT100点→10,000語~
GRE verbal150点→20,000語~
ってところでしょうか。

はい、では今のあなたがどのレベルに属しているか診断します。
こちらで語彙力のチェックを、

Test Your Vocabulary

私が渡米後1年程経ったときは約7,000語でした。
だいたい難関大学受験レベルくらいですかね。
英検2級受かるかなあくらいでしょうか。
正直言ってかなりしょぼいと思います。大学受験を必死にやっている受験生の方が高いでしょうね。
でもいいんです。英語嫌いだし。好成績とるのには困ってないので。

(英検の難易度基準はこちら

各級の目安 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会
を参照)

これを見ても

Test Your Vocabulary - Blog
やはり、たいしたことはなさそうですね。
でもいいんです、だって英語嫌いだし。笑
日常会話と自分の専攻分野の議論ができればそれで問題ないので。

他にも語彙力診断できるものはあります。
weblioの語彙力判定

英語の語彙力の測定テスト~英単語のボキャブラリーレベル計測試験~ - Weblio

今診断すればもっと語彙数は増えるんでしょうが
TestYourVocabは同じ問題しかないですし、英語嫌いがわざわざ自分の語彙力測るとか滑稽でしかないのでやめときます。
(じゃあなんでこんなブログ書いてるんだという指摘は無視。笑)

何が言いたいかと言えば留学でGPA4.0をキープするのに怪物的な語彙力は必ずしも必要ではないということです。
あなたの語彙力はどのくらいだったでしょうか?

この診断はあくまでも目安、あなたの英語力を決定するものではありません。
しかし、どのレベルから英語の勉強を始めるべきなのか、
今の勉強が自分に合っているのか、自分に必要な勉強ができているのか、の指標になります。

[AD]

in general
語彙力診断などは一般的な語彙力を問うものです。
ネイティブだと子供ですら約15,000語の語彙力があり、大人になれば35,000~50,000語程度あるそうですから
私が到底敵うはずもありませんが、私の専門分野になれば話は違ってきます。
そこら辺のネイティブよりも私の方がよっぽど知っている専門用語は多いでしょう。

私は理系なので余計にそう思うのかも知れませんが、一般的な英語力よりも自分の専門分野の議論ができるかどうかの方がよっぽど大事です。
これが、自分にとって何が必要か。のひとつなんでしょう。
ネイティブになることはできませんし、時間は有限ですから、自分に必要な勉強を選択していく必要があります。

しかし、ある程度一般的な英語力が必要なのも事実です。
順次、各レベルに合わせたお勧めの教材を紹介していきます。

Have a good one.

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

[AD]