読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本場のハンバーガー食べ比べ~英語で注文編~

Howdy.

ハンバーガー食べ比べ第1弾、これが本当のマクドナルドだ!
というわけでMcDonald'sを紹介しようと思ったんですが
その前に注文時に使う英語を簡単に紹介しようと思ったら意外と長くなりそうだったので
マクドナルドの話をする前に
英語でハンバーガー注文できるのか?から始めたいと思います。

[AD]

注文の流れ
ここでは、ドライブスルーではなく店内で注文する流れを説明します。
注文の流れは基本的に日本と一緒です。
ただ、和製英語が通じないのでその違いはわかっていないと困ります。

まず、店内で食べるか持ち帰るか聞かれます。
中学英語でやるFor here? To go? の登場ですね。
テイクアウトは、??ってなるので気を付けましょう。

次に何を注文するか、ですがここで重要なのが
単品とセットの違いです。
単品はもちろん、セットも通じません
単品はsandwichもしくはjust a sandwichと言います。
え、サンドウィッチ?って最初は思ったんですが
確かにハンバーガーってサンドウィッチですよね。

セットはmealです。
セットを頼むとポテトとドリンクのサイズを聞かれますが
ここで大事なのはポテトのサイズだけです。(理由は後述します)

セットはcomboという人もいますね。
というより、たぶんcombo mealがセットなのでどちらでも大丈夫なんだと思います。

メニュー表が上の方もしくはカウンタ-にあるのでそれを見ながら注文しましょう。
セットになっている商品は必ず番号が振ってあるので
発音に自信がなければその番号を言って注文することも可能です。

単品ならI'll have No.1, just a sandwich. とでも言えば通じるでしょう。
セットならI'll take No.1 for meal. などで問題ありません。

サイドメニューは番号が振っていないことがほとんどなので
カウンターにメニューがあれば指で示すか
なければ頑張って伝えてください。

注文を店員が繰り返して間違いのないことを確認したら
会計です。

会計後に持ち帰り、店内関係なく
番号の付いたレシートドリンクのコップが渡されます。
レシートに書いてある番号で呼ばれるので聞き逃さないようにしましょう。

ドリンクのコップを渡されるというのが知らない人からすると意味不明ですが
アメリカのハンバーガーショップはドリンクはセルフサービスです。
注ぎ足し自由です。そう、ドリンクバーです。
じゃあ何のためにサイズ聞いたんだって話ですが、大きいコップは邪魔になるからと思う人もいるからなんでしょうか。
でも、どのサイズを言おうが大抵の店員はLサイズのコップを渡してきます。
だから、ドリンクのサイズは注文時気にする必要がないんですね。

しかしデカいんですよこれが。
おそらく日本のLサイズ3杯分くらい。
日本のサイズ感を覚えていないのでわかりませんが、2リットルのペットボトルくらいのサイズがあります。

そりゃ太りますね。
コップいっぱいまでドリンク入れる必要はありませんからね?

選べるドリンクは、炭酸各種とお世辞にもおいしいとは言えないsweet teaとnon-sweet teaです。
あと店によって野菜ジュースだとかフルーツジュースだとかがあったりなかったり...
私は基本的に炭酸を飲まないので炭酸にどんな種類があるかあまり覚えていませんが
日本のファミレスのドリンクバーより選べる数は少ないです。

こちらのsweetと名の付く食品の甘さは尋常ではないので
自然とnon-sweet tea一択になってしまいますね。
なんなら持ち帰りにして水飲む方がいいんじゃないかと思います。

ドリンクを注いで少し待てばレシートに書かれた番号が呼ばれるでしょう。
日本のファストフードほどのスピード感はあまり期待しない方がいいでしょう。
喋りながら楽しそうに(テキトーに)仕事してますからそんなに速くはないです。

[AD]

ポテトのサイズ
ドリンクほどではありませんがポテトも日本より大きめです。
日本のMがSサイズ、LがMサイズ、LLがLサイズくらいだと思います。

ほとんどの店で適度な(健康面から考えれば異常な)塩がかかっていますが
店によってはお客さんの好みがあるからなのか、面倒なのか、それともミスなのか
まったく味付けされていないポテトを提供するところもあります。

ケチャップは店員に言って貰うか
ドリンクの隣にセルフケチャップがあるのでそれを利用しましょう。

補足
日本でもできるように苦手な野菜などがあればそれを抜くこともできます。
店員から聞いてくることもありますが、抜きたいものがあるなら自分で伝えましょう。

また、ドリンクはセルフサービスと言いましたが
コーヒーはこの限りではありません。作ってくれるので出来上がるまで待ちましょう。

私はマクドナルドでコーヒーを注文して30分近く待たされたことがあります。
しばらく待ってこなかったのでまだか?と聞いたら
店員の伝達ミスで、今から作ると言われ
それでもこなかったのでまだか?と聞くと
機会が故障したからもうちょっと待ってくれと言われ。
まあその時は店内で食べていて特に急いでいたわけではなかったので良かったんですが。

海外だろうと
いくら日本語が通じないといっても所詮はファストフード店です。
日本にもあるのだから勝手がわからないということはないでしょう。
仮に英語が全くできなくてもなんとでもなると思います。
自分の好きなものが注文できるかどうかは別として。

マクドナルドの$1サラダをよく食べていた時期があったのですが
それを見たボリビア人(英語がほとんど喋れない)が同じものを買おうとして
何回挑戦しても$7くらいする大きいサラダが出てくる、と悩んでいたこともありました。

英語というよりも伝える力の問題な気がしますが...

というわけでハンバーガーショップでの注文の仕方でした。
Have a good one.

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

[AD]