読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカに住めば英語ができるようになる?

英語

[AD]

 

※この記事には私個人の、偏っている可能性のある意見、経験談を大いに含みます。あらかじめご了承いただける方のみ、お読みください。

 

Howdy.

アメリカに住めば英語ができるようになるか?
留学や海外の生活を考えている人にとって最大の疑問ではないでしょうか。
答えはいたって簡単。 
            NO です。

そりゃあ全く英語の勉強をせずに日本に暮らしているのと比べたら幾分かマシにはなるでしょう。
でも海外で暮らしているだけで語学ができるようになるなんて普通ありえないでしょう。
小さな子供だったら自然と吸収していくかもしれませんけどね、
留学とかを考えてるなら少なくとも15年、20年もしくはそれ以上、
日本語を聞いて日本語で考えて日本語を話してきたんですから。
アルファベットを使う言語じゃないんです日本語は。
構造が全く違う言語を努力なしで習得しようなんてあまりにも楽観的すぎます。

アメリカに住む日本人は大きく3種類。
留学生、駐在員(ここでは日系企業の仕事で米国滞在している方とします)、そして駐在員の家族。
この中で一番英語ができないのが駐在員の家族、というか奥さんです。(私個人の意見を大いに含みます)

それはなぜか、それはこの3種類の中で唯一、駐在員の奥さんが英語を勉強しない、そして基本的にする必要に迫られないからです。
アメリカに住むだけで英語ができるようになるなら、奥さん方も英語ペラペラになるはずですよね?
トラブルになって英語がわからなくて解決しないから仕事中の旦那さんに電話するって言うのは、よく聞く話です。

留学生と駐在員、そして駐在員の家族。ここに違いがあるのは英語を使う必要に迫られるかどうかです。
留学、仕事、で英語を使う方にとっては英語で何かをすることが必要です。
必然的に英語を使う環境が英語の勉強をしなければいけない、という状況を作ります。

駐在員の奥さんは生活に必要な最低限の英語くらいしか使う機会がありません。自分から積極的に行動しない限り。
ここが大きな違いになります。

それから留学生。留学生も大きく2種類に分けられます。
語学留学生と正規留学生(高校留学は詳しくない為、大学以上とします)です。
言わずもがな、語学留学生よりも正規留学生の方が英語ができます。
この2つの大きな違いは、
語学留学生は英語で英語を勉強する。正規留学生は英語で別のことを勉強することです。
私も訳あって語学留学から正規留学へと移行しました。
英語が伸びたのは圧倒的に正規留学を始めてからです。

これらのことから言えるのは、
①アメリカにいても英語の勉強は必要。
②英語だけの勉強には限界がある。
この2つです。

①アメリカにいても英語の勉強は必要。これはよく聞かれるスピード〇ーニングのような聞くだけでできる!とうたっている教材ってどうなの?
という質問への答えにもなります。
聞き流しの教材は基本的にひたすら英語を聞きますよね。意味のわからない言語を100回聞いたら意味が分かるようになると思いますか?
なぜか英語だけ特別視されることが多いのですが、例えばロシア語のラジオを聞いたとしましょう。
100回聞いたら意味わかりますか?暗号にしか聞こえないでしょう。

知らない言葉の羅列を聞いても理解できるわけないんです。理解できる文章の中に1つや2つ、意味を知らない単語があるくらいなら
その単語の意味を予想することはできるでしょう。
ほとんどの単語の意味も分からない状態で、聞き流しをやったってなんの意味もありません。
つまり、英語の聞き流しに近い状態になれるアメリカでの生活、ある程度英語がわからないなら意味がない、というわけです。

これがアメリカにいても英語の勉強が必要な理由です。

②英語だけの勉強には限界がある。
英語を学んだ人から英語を使う人にステップアップするためには、
これを理解する必要があります。

まず、自分の目指している英語のレベルを明確にすることをお勧めします。
例えば、ネイティブのようになりたい。
→これは無理です。あきらめてください。ネイティブランゲージはもう変えられません。

ネイティブまでとはいかなくても英語をマスターして、海外での生活で全く困らないようになりたい。
→時間はかかりそうですが、可能だと思います。

仕事や留学で、海外に挑戦できる、ある程度の英語を身に付けたい。
→かなり現実的なレベルです。

私自身、ある程度の英語ができるかなあ程度ですが、
生活、勉強で特別困ったことはありません。
それは、私の英語嫌いが功を奏したのではないかと考えています。

英語の勉強は英語でした方が良い。
英語をマスターしたいなら正しいと思います。
しかし、ある程度の英語で良いなら日本語で学んだ方が圧倒的に効率的だと私は感じます。

私の言う、英語を英語で学ぶとは、英単語の意味を調べるときも英英辞典を使うということです。
英語を日本語で学ぶとは、わからない英単語を日本語訳で調べるということです。

英英辞典を使う最大のメリットは、その言葉の意味が同じ言語で説明されている、
つまり言葉のニュアンスが理解できるという点にあります。
しかし、ニュアンスは場合によって変わることがほとんど。どうせわかりません。
なので私は日本語訳で覚えてその単語を聞いた瞬間に意味が分かるようにしました。
分からない英単語をよくわからない英語の説明で理解するより
日本語に置き換えた方が速いです。


結論として、
アメリカに住むだけでは英語ができるようにはならない。
アメリカに住んでも英語の勉強は必要。
ある程度の英語で良いなら日本語で英語を学ぶべし。

ここだけ聞くと、英語ができるようになるのに海外に行く必要はあるか。
という話になります。
個人的には必要ない、と思います。
しかし、英語を使わなければいけない、という環境に身を置けることは確かです。

海外生活、英語の勉強のご参考になれば幸いです。
Have a good one.

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

[AD]